欲しいものを引き寄せる「得する人」の4つの特徴とコロナワクチン情報

「絶対に、この人は得する人生を送っているんだろうな」と思う人は近くにいませんか。欲しいと言っていたものを運よくゲットしたり、誰かにプレゼントしてもらったり…。「一体、自分とは何が違うんだろう?」と不思議に感じることもあるかもしれません。
そこで今回は、接客改善業務で多くの人に会う筆者が、欲しいものを引き寄せている人を観察して見えてきた得する人の特徴を4つお伝えします。
1. 好きなものだけを伝えている
得をする人は、「そのキャラクター好き!すごくかわいいよね」「この色、キレイ。やっぱりグリーン系って癒されるから好き」などと、自分の好きなものだけを日常的に伝えている傾向がありました。

逆に嫌いなものや苦手なものを口にすることが少ないので、何が好きなのか聞いている側の記憶に残りやすく、「あの人、これを好きって言っていたかな? どうだったかな?」と迷うことが少ないようです。
筆者の周囲にも、「お土産を選ぶときは、迷わずに買える人のものから自然とカゴに入れてしまう」「好きと言っていたものをみつけると、ついプレゼントしたくなる」という人が多くいました。
もちろん、お土産を買うときには相手との関係が最優先になりますし、プレゼントをするかどうかも親密度によって違ってくるでしょう。
ただし全員が同じような関係性であれば、好きなものだけを聞いているほうが買う方が迷わずに気持ち良く購入できるため、必然的に「得をする人」の優先順位が高くなるようです。
2. 喜んでいる自分の気持ちをストレートに伝えている
得をする人は、誰かに何かをもらったときにも喜びを顔いっぱいに表し、「これ、欲しかったから嬉しい!」「この色、好き!ありがとう」などと、相手に自分の気持ちをストレートに伝えています。
すると渡した側は「あげてよかった」と思い、自然と「だから、また何かをあげたくなる」という意見も多くありました。
3. もらったものを自然に使っている
また、お土産やプレゼントでもらったものを使ったり身につけたりしているのも得をしている人の特徴です。
あげたものを身につけてくれていると嬉しいものですし、「それ、かわいいね」と言ったときに、「でしょ? Yちゃん(共通の友達)からもらったの」というような答えを聞くと、好印象を持つのではないでしょうか。

そういう心理を利用して、一緒にいるときだけプレゼントしたものを身につけるあざとい人もいますが、無意識のうちに自分でボロを出して意外とまわりに気づかれているものです。
4. 自分が気に入ったものを身につけている
「節約になるから」という理由や「買いに行くのが面倒だから」という理由で、大して好みでもない販促の景品などを身につけている人もいるかもしれません。何を隠そう筆者もその一人です。一方、得をする人は、好きなものだけを身につけている傾向がありました。
たとえば、「それ、面白いキャラクターだね」と尋ねて、「そうなの。マイナーなキャラクターなんだけど、私的にはバズってて」という回答が返ってきたら印象に残りますよね。
また、身につけているものについて尋ねても肯定的な返答が多いと、身につけているものは「その人の好きなもの」だと、認識しやすいものです。
これもまた、お土産やプレゼント選びのときの参考になるため、得をする人が好きなものを購入する可能性が高くなると言えるでしょう。そして「だからまた、そのお土産やプレゼント品を身につける」という、好循環になるようです
「得」をするかどうかは自分の言動しだい
「この人、得してるな」と思う人を観察していると、その人の言動が周りにいる人を動かして「得」を引き寄せていることがわかります。持って生まれた運もあるとはいえ、自分の言動に気をつけて、ぜひとも「得」を引き寄せたいものですね。

【速報】ファイザーなど開発のワクチン候補、最終段階の治験で90%効果確認と発表


下記の記事はヤフーニュースからの借用(コピー)です

 アメリカの製薬大手「ファイザー」とドイツのバイオ医薬ベンチャー「ビオンテック」は、開発中の新型コロナウイルスのワクチン候補について、最終段階の第3段階の治験で90%以上の参加者に効果が確認されたと発表しました。  今月15日以降にアメリカで緊急使用の承認手続きを申請するとしています。年内に世界で5000万回分の提供が可能だということですが、日本もこのワクチンの供給を受けることで基本合意しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a74b5459ced9d81a725fea777ede13316a8faa3


ワクチン接種 高齢者と持病ある人を優先に
新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合に優先的に接種する対象者について、厚生労働省の部会は9日、まずは高齢者、続いて持病のある人とすることを決めました。 9日、厚労省の予防接種に関する部会が開かれ、新型コロナウイルスのワクチン接種について、今後、費用が無料となるクーポン券を自治体を通じて配付することと、医療従事者以外の一般の人の接種の優先順位は、まずは高齢者、ついで持病がある人とすることが了承されました。 どの持病を対象とするかは、呼吸器や糖尿病など様々な学会に意見を求めて決めることになりました。 政府は、新型コロナウイルスのワクチンについて、海外のメーカーと契約、または合意していて、仮に開発が成功した場合、全国民分を確保するとしていますが、一度に全員分の入荷は難しいため、優先順位を検討しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1dabd765a1ff8ff54d59eda21100b80ef88c781f