独身男性が驚く「27歳が結婚ピーク」という現実

下記の記事は東洋経済オンラインから借用(コピー)です

筆者は人口動態データを扱っている関係から、国が公表している婚姻届の集計結果の分析も行っています。そんな筆者にとって非常に印象的な出来事がありました。結婚支援の講演会に来ていた、30代前半の独身息子と同居しているという女性が、講演の前後で表情を大きく変えていたのです。
初婚男性の結婚年齢を分析
「結婚するつもりだけど、今はいい人がいない」と語る息子について、心配していなかったという女性。夫から「いい加減、現実を見たほうがいい」と言われ参加したといいます。講演会の後、女性は悲しい顔をしていた一方、女性の夫は少しほっとした顔で会場から退出していました。
講演会の開催事務局によれば、同様の組み合わせが複数見られ、講演会後、興味本位で参加していたふうの母親とみられる女性はがっくり、難しい顔をしていた父親とみられる男性はにこやかに帰宅していったようです。
その講演会で私がお話ししたのは、婚姻届を基にした男女の結婚年齢の分析結果でした。がっくりした表情をしていたのは、息子を持つ女性が多かったようです。つまりは「息子を持つ家族(とくに母親)や、息子本人」には、とくに思いもよらない結果であった、ということになると思います。
そこで今回は、2018年の全婚姻届を集計した国の婚姻統計を用いて、初婚男性の結婚年齢の分析結果を、各年齢別に細かく「適齢期が見える形」でご紹介したいと思います。
「初婚男性の結婚」といっても、相手の女性が初婚女性の場合と再婚女性の場合の2パターンがあります。2018年は、夫が初婚である婚姻件数は37万1093件でした。そのうち妻も初婚である割合が91.6%、妻が再婚である割合は8.4%となっているため、初婚男性の結婚は「そのほとんどが初婚女性との結婚である」ということが言えます。
初婚男性の婚姻件数が最も多い年齢は、27歳の2万8789件です。「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、この27歳を頂上に1年単位で急角度で婚姻件数が減少していく様子が明確に示されています。まさに男性の結婚のピーク(頂上)は27歳である、ということがいえます。
また、「結婚適齢期」を初婚男性の婚姻届が全体の5割以上に到達する年齢とするならば、全初婚男性の婚姻届を若い年齢順に積み上げカウントしてみると、28歳で46.1%、29歳で53.8%に達することがわかります。だいたい28.5歳あたりが「初婚男性の結婚適齢期」ということが統計的には示されています。
この初婚男性の「結婚のピークは27歳、結婚適齢期は28.5歳」という全件分析の結果に対して「それって、女性の話じゃないのか……」という驚きの声があがります。一般的に、これが女性の「結婚適齢期」の話となった途端に「そりゃそうだよね。驚かない」と、そちらのほうには納得する人が多いようです。
つまり、男性の結婚の一般イメージと統計的な真実の間には、ものすごく大きな乖離がある、それが日本における男性の「結婚適齢期観」(思い込みベース)なのです。29歳で初婚同士カップルの婚姻届の5割の件数に達しますが、わずか3歳上の32歳には7割、そのまた3歳上の35歳には8割に達します。
もし本気で初婚女性との結婚をイメージしているならば、35歳までに決着をつけないことには、成婚はかなり苦戦を強いられることになります。また39歳になると婚姻届の9割に達するため、40歳以降の成婚はまさに茨の道という状況がうかがえます。
実際、安価な公的の結婚支援センターでも、高額な結婚相談所でも、女性に比べて男性は大きく出遅れて結婚に向けた相手探しをスタートします。20代男性・30代男性の登録は女性に比べるとかなり少ない割合で、40代以上からどんどんとその割合を増し、男性余りを起こします。
現場からは「男性は結婚したくないというより、とにかくスタートが遅いんですが、出遅れたという認識が薄い」「20代男性が恋活ではなく婚活サービスに登録したら、『入れ食い』状態で若い女性から手があがり、すぐに決まります」との声がよく聞かれますが、グラフからは当然の状況といえます。このグラフを男性が知っているかいないかで、たった1年出遅れることへの意識が随分と違ってくると思います。
「どうして急がなきゃいけないんだ!」と叫ぶ前に
この結果に「俺は出産もしないんだし、なぜ女性みたいに焦らないといけないんだ」と、思いたくなる気持ちも想像できなくはありません。
しかし、結婚は自分ばかりが選ぶ立場ではなく、男女ともに選びあっての成婚となります。女性に産期があり、若いほうが妊娠もお産も楽である、ということが理解できているのであれば、少なくとも子どもを持ちたい女性ほど、結婚に向けた初動は迅速で、加えて、共働き世帯比率(非農林業)がすでに68%にのぼる(労働政策研究・研修機構 2019年調査/共働き世帯1245万世帯:専業主婦世帯575万世帯)時代においては、女性もしっかり働くのであれば、家事育児に腰が軽そうな、気力体力に満ちあふれた若い男性がより選ばれやすい、ということに気が付いてほしいと思います。
ちなみに、初婚男女の年齢差の平均は1.7歳となっています。そして、男女どちらが上でも3歳差以内までに7割の婚姻届が集中しています。「若い女性をパートナーに持ちたいなら、自分も若いことが発生確率からみた大前提」である様子が、統計的には明確に映し出されているといえます。