コロナワクチン、副作用リスク低い 米CDCが調査

下記の記事は日経ニュースからの借用(コピー)です

新型コロナウイルスワクチンの接種が2020年12月から始まった米国で、米製薬大手ファイザーが独ビオンテックと共同開発したワクチンについて、アナフィラキシー(命にかかわるおそれのある重いアレルギー反応)が起こるリスクは非常に低いことを米疾病対策センター(CDC)が21年1月6日に発表した。
このワクチンは2回接種が推奨されているが、1回目の接種を受けた人のデータによると、アナフィラキシー反応を示した人の割合は平均すると9万人に1人程度にとどまっていることがわかった。これは、食べ物をのどに詰まらせて死ぬリスクの3%未満だ。
季節性インフルエンザワクチンによる重いアレルギー反応は約76万9000人に1人の割合で発生しているので、ファイザー・ビオンテック製新型コロナワクチンのリスクはその約8.5倍ということになる。しかし専門家は、これはまだ小さな数字だと指摘する。先ほどの発表によると、米国では20年12月14~23日に189万人が1回目の接種を受けたが、その99.998%以上はアナフィラキシーを起こさなかったことになる。
あわせて読みたい
2度目の感染あるコロナ 重症化?ワクチンは有効?
誰を優先すべき コロナワクチン配布で問われる公平性
このニュースは、ワクチンの接種に不安を感じている人には大いに参考になるだろう。ナショナル ジオグラフィックと米調査会社モーニング・コンサルトが20年12月に米国で実施した世論調査によると、米国人の10人に7人が新型コロナワクチンの副作用の可能性を警戒していると答えた。また、回答者の58%は、ワクチンが他の人々にどのような影響を与えたか確認してから接種を受けるとしていた。
だが、CDCのデータを総合的に見ると、高齢者については特に、新型コロナの感染に伴う悪影響に比べればアナフィラキシーのリスクがはるかに小さいことがわかる。20年10月の時点で、新型コロナ感染症は45歳以上の米国人の主要な死因の一つとなっており、自動車事故、自殺、殺人、偶発的な薬物の過剰摂取による死者数を上回っている。すでに米国人の1000人に1人以上が、今回のパンデミック(世界的大流行)で命を奪われている。
CDCと米食品医薬品局(FDA)は、新型コロナワクチンは安全だと皆さんにお約束します」と、CDC国立予防接種・呼吸器疾患センターのナンシー・メソニエ所長は21年1月6日の記者会見で語った。「私自身、袖をまくり上げてワクチン接種を受ける日を楽しみにしています」
アナフィラキシーは189万人中21人、大半はアレルギー歴あり
ファイザー・ビオンテック製ワクチンの接種で重篤アナフィラキシーが起きた21人のうち、19人は女性で、半数は41~60歳(残りの半数は27~40歳)だった。17人は、食品、薬や他の種類のワクチンのほか、ミツバチやスズメバチの刺傷により過去にアレルギー反応を起こしたことがあった。7人にはアナフィラキシーの既往歴があった。
21人のうち18人は、接種後30分以内にアナフィラキシーの症状が現れた。そのほぼ全員が、ただちにエピネフリンアナフィラキシーの一般的な治療薬であるエピペンの有効成分)の投与を受けた。入院が必要になったのは4人だけだった。21人のうち少なくとも20人は、20年12月23日までに完全に回復したか、退院していた。
これらの症例に地理的な集中は見られず、ワクチンのロットもばらばらであったため、ワクチンの汚染が問題だったという証拠はない。症例の研究はまだ初期段階にある。女性の症例が多いのは、実際に生物学的原因があるせいなのかもしれないし、調査期間中に接種を受けた189万人のうち62%が女性だったという事実を反映しているのかもしれない。
ファイザー・ビオンテック製とモデルナ製、リスクに差は?
現時点ではリスクに明確な差はない。単純な合計を比べれば、ファイザー・ビオンテック製ワクチンは米バイオ製薬モデルナのワクチンよりも多くのアナフィラキシーが発生しているが、CDCの関係者は、最初に承認された前者の方が調査期間中の接種人数が多かったからである可能性が高いとしている。
ファイザー・ビオンテック製ワクチンは調査期間中に189万3360回接種された。モデルナ製ワクチンの22万4322回の約8.5倍だ。さらに、モデルナ製ワクチンの接種が始まったのは20年12月21日で、調査期間の最後の3日間しか接種されていない。モデルナ製ワクチンの接種でアナフィラキシーが確認されたのは1例だけで、CDCはさらに多くのデータがそろうのを待っている。
ワクチン接種を受けるべきか?
記者会見でメソニエ氏とCDCワクチン評価チームを率いるトム・クラーク氏は、ワクチン接種を推奨される人は基本的に接種を受けるべきだと強調した。
まれなアレルギー反応が起きた場合に迅速に対応できるようにするため、ワクチン接種後は15分間観察する必要がある。アナフィラキシーや即時型アレルギー反応の既往歴のある人の観察時間は30分だ。
ファイザー・ビオンテック製の新型コロナワクチンは2回接種が基本だが、クラーク氏は、2回目の接種を受けるべきでない場合として2つの具体例を挙げる。
「1回目の接種で即時反応があった人は、2回目を受けるべきではありません。また、このワクチンの成分や、よく似た化合物に対してアレルギーがあることがわかっている人は、最初からワクチン接種を受けないことをお勧めします」。ワクチンの成分にアレルギーがあるかどうか不明な人は、接種を受ける前に医師に相談するとよい。
ファイザー・ビオンテック製とモデルナ製の新型コロナワクチンはどちらもメッセンジャーRNA(mRNA)とそれを保護するポリエチレングリコールを含んでいる。CDCは、ポリエチレングリコールにアレルギーのある人は、このタイプのワクチン接種は受けるべきではないとしている。ポリエチレングリコールに化学的に似ているポリソルベート(乳化剤として食品や化粧品などに使われる)にアレルギーのある人も同様だ。
CDCは、アレルギーに関する懸念がある人はワクチン接種前に医師に相談することを勧めている。
「幼少期に軽いアレルギー反応が出たことがある人と、1週間前に重篤なアレルギー反応が出た人では、大きな違いがあります」とメソニエ氏は言う。「臨床医が患者の判断を助けることが本当に重要になってきます」
(文 MICHAEL GRESHKO、訳 三枝小夜子、日経ナショナル ジオグラフィック社)