魚をよく食べる人ほど認知症の発症少ない 東北大研究

下記の記事は日経グッディプからの借用(コピー)です

魚をよく食べる人ほど認知症を発症するリスクが低いことが、日本人の高齢者約1万3000人を対象とした研究で明らかになりました。
日本は魚の摂取量が多い国の1つです。魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)など、認知機能の低下予防に役立つ可能性のある栄養素や、ビタミンB12やビタミンEのような、神経保護作用を持つ栄養素が含まれています。ゆえに日常的な魚の摂取は、認知症発症リスクの低下をもたらす可能性があります。
これまでに、日本食や地中海食などが認知症予防に役立つことを示唆する研究結果がいくつか報告されています。これらの食事法の特徴の1つは、魚を豊富に食べることであるため、日常的な魚の摂取が認知症リスクの低下に関係するのではないかと考えられるようになりました。しかし、魚の摂取と認知症発症の関係を調べた研究はこれまで5件しか行われておらず、それらは一貫した結果を示せていませんでした。
あわせて読みたい
海藻 よく食べる人は心筋梗塞リスク低く
筋トレ効果高める「朝のたんぱく質
そこで東北大学の研究チームは、65歳以上の日本人を対象に、魚の摂取量とその後の認知症発症の関係を調べることにしました。
対象となったのは、宮城県大崎市に住む65歳以上の市民のうち、条件を満たした1万3102人です。2006年12月に、最初の調査の一環として食物摂取頻度調査を行い、魚とその他の食品の摂取状況を調べました。魚の摂取については、(1)刺身などの生魚と加熱調理した魚、(2)すり身の魚、について尋ねました。魚も含むすべての食品について、食べる頻度を以下の中から選択するよう依頼しました:ほとんど食べない/月に1~2回/週に1~2回/週に3~4回/ほぼ毎日。
(1)と(2)を合わせて、食べる頻度と1回の摂取量から1人1人の1日当たりの魚の摂取量を推定し、その値に基づいて対象者を、最も少ない(Q1群)/やや少ない(Q2群)/やや多い(Q3群)/最も多い(Q4群)、の4群に分けました。各群の1日当たりの魚の摂取量の平均はそれぞれ、20.4g、44.3g、57.7g、96.9gでした。
魚の摂取量が多いほど認知症リスクは低下
5.7年間の追跡期間中に、1118人(8.5%)が認知症を発症していました。認知症発症に影響を与える可能性のある、年齢、性別、BMI(体格指数)、病歴、学歴、喫煙習慣、飲酒習慣、1日の歩行時間、精神的苦痛の程度、認知機能スコア、睡眠時間、緑黄色野菜と果物の摂取量を考慮して分析したところ、魚の摂取量が最も少ないQ1群に比べ、Q2群では、認知症発症リスクが10%低い傾向が見られました。Q3群では15%、Q4群では16%のリスク低下が認められ、いずれもQ1群との間に統計学的有意差が認められました。全体として、魚の摂取量が多いほど認知症リスクは低いことも示唆されました。
こうした関係は、追跡開始から2年以内という早い段階で認知症と診断された患者や、研究に参加した時点で認知機能が低下していた患者を除外しても、変化しませんでした。
今回の結果は、魚の摂取と認知症リスクの間に逆相関関係があることを示し、日常的な魚の摂取に認知症予防効果があることを示唆しました。
論文は、2019年9月3日付のBritish Journal of Nutrition誌電子版に掲載されています。

 

下記に記事は朝日新聞デジタルからの借用(コピー)です

日本発リウマチ薬「コロナ治療に効果」英国の発表で注目

大阪大学中外製薬(東京都)が開発したリウマチ薬「アクテムラ」(一般名トシリズマブ)が、新型コロナウイルスの治療薬候補として再び注目を集めている。大手製薬会社が患者への効果は確認できないとしていたが、英国政府が重症患者の治療に有効だと発表したからだ。
 英国政府は7日、アクテムラが新型コロナの重症患者の治療に有効だとして、無料の国営医療「国民保健サービス」(NHS)の現場で、患者へ使うことを薦めると発表した。
 発表によると、英政府が出資する臨床試験(治験)の結果、アクテムラや、同じ仕組みの薬「ケブザラ」(一般名サリルマブ)を集中治療室(ICU)の患者に使った場合、通常の治療だけに比べて死亡リスクを24%下げることができた。
 また、ICUでの治療期間を7~10日間短縮でき、医療機関への負担を減らせる、としている。治験は英国を含む6カ国で行われ、ICU患者約800人が参加した。
 アクテムラはすでに英国内の病院で広く使われている。今回の治験の結果は、他の研究者によって研究結果を精査する査読は受けていないが、ハンコック保健相は「この治療によって数百人の命を救えるだろう」と期待している。
ここから続き
 アクテムラは、大阪大と中外製薬が共同で開発した薬だ。免疫にかかわり、炎症を起こす「サイトカイン」と呼ばれるたんぱく質の一種である「インターロイキン6(IL6)」の働きを抑える作用がある。
 何らかの理由でサイトカインが増えすぎると、免疫が暴走する「サイトカインストーム」と呼ばれる状態になる。新型コロナの重症化にもサイトカインストームが関わることが指摘されている。
 アクテムラが治療薬候補として注目されたのは、がん治療の副作用で起こることがあるサイトカインストームの対策に使われることがあったからだった。
 ただし、これまでスイスの製薬大手ロシュが米国やカナダなどで行った治験では、アクテムラが新型コロナの重症患者へ効果があるかどうか、統計的には確認できなかったという報告も出ていた。
 IL6の発見者の1人、量子科学技術研究開発機構の平野俊夫理事長は、今回の英国などの治験について、対象を重症患者にしぼり、人工呼吸器をつけて24時間以内にアクテムラを使っている点に注目する。
 アクテムラが働きを抑えるIL6には、免疫を活性化してウイルスが増えないようにする働きもある。治験の対象に軽症者が含まれていて、薬でIL6の働きを抑えてしまうと、逆効果になる可能性があるという。「早すぎても遅すぎてもだめ。薬を使うタイミングが重要ではないか」
 また、今年はIL6発見35年にあたる。「基礎研究の成果がこのような形で貢献できて、研究者冥利(みょうり)につきる」と話している。(ロンドン=下司佳代子、瀬川茂子)