「ママ友」「姑」「夫婦の関係」…悩める妻たちを救った、夫の「神対応」とは。

下記の記事はLIMOからの借用(コピー)です


夫婦やパートナーと過ごす年月が長くなると、相手への愛情や感謝、気遣いの言葉などを、改めて口にする機会は少なくなりがちです。
しかし、子育てやママ友関係、親戚付き合いなどで悩みを抱えたり困難な状況に陥ったりしたとき、他ならぬ夫から告げられたひと言によって救われたと語る妻たちもいます。
今回は、そんな妻たちの胸を打ち窮地を救ってくれた、夫の神対応にまつわるエピソードを3つご紹介します。

夫の神対応 その1:「陰湿なママ友いじめ」で妻の気持ちが追い込まれた、そのとき。
Aさんの場合
Aさんは、子どもの習い事先のママ友たちから陰湿な集団いじめにあっていました。そのきっかけは、娘がキッズダンスの発表会でセンターに抜擢されたこと。
「家族でピクニックに行ったりママたちだけでお茶をしたりするくらい仲良しだったメンバーがいたのですが、娘が発表会で一番目立つポジションに抜擢されると、露骨にグループ内で私へのいじめが始まりました。
LINEのグループトークではまるで私がいないかのようにランチの約束や習い事についてやり取りしていて、見ていてすごく辛かった…。さいしょは、「私の側が、みんなに何か誤解を与えてしまったのかもしれない、それさえ解ければきっとまた仲良くしてもらえるはず」と思っていました。でも、ママ友からのいじめはその後もエスカレートし、次第に私の要旨を侮辱するような会話まで。ついに娘も他の子供たちから仲間外れにされるようになりました。
娘は、それでも発表会を頑張りたいというので、習い事は辞めずに通い続けました。でも、レッスンのたびに大きな声で悪口を言われ、娘が涙を流している姿を見て、私も精神的に参ってしまいました。そして、ついに夫へすべてを打ち明けたんです」
そのときのAさんの夫の対応は、Aさん本人が圧倒されてしまうほど毅然としたものだったといいます。
「これまでの経緯を聞き、私への誹謗中傷の言葉が飛び交うLINEのトーク画面をみた夫は怒り心頭で、すぐに『Aの夫です。こちらでのやりとり及び妻と子供に対する皆さんの言動は、明らかに一線を越えているものと判断します。法的措置も検討しておりますのでご承知おきください』と書き残し、グループから退会してくれました。その後も迷わず引越しを決断してくれて、本当に心が楽になり、引っ越し後は穏やかな気持ちで生活できています」
夫の神対応 その2:過干渉な姑にひと言「これが俺たちのやり方だから」
Bさんの場合
昨年に第一子を出産したばかりのBさん。義理の両親にとっては初孫だったこともあり、特に姑はとても喜んで、お祝いや労いの言葉をたくさんかけてくれたそうです。
「里帰りから戻って自宅での生活が始まってからも、義母は週末のたびに手伝いに来てくれて、初めての育児と家事の両立に苦戦していた私にとっては、とてもありがたいことでした。
でも、孫かわいさゆえなのか、次第に『あれはだめ、こうしなさい』と育児へ口を出してくる機会が増えていったんです。
 肌荒れするからほっぺたに触っちゃだめ、風邪をひいたらいけないから足を冷やさないように常に靴下を履かせなさい、離乳食の味付けが濃すぎてだめ…。
訪ねてくるたびにあれこれ細かく指摘されるのでストレスが溜まって、いつからか週末がくるのが憂鬱になっていきました」
耐えかねたBさんは、思い切って正直な気持ちを夫へ伝えたそうです。すると夫はその場で姑へ「そろそろ週末も家族で出かけたりするようになるから、これまでみたいに毎週は来てくれなくていいよ。また俺たちのほうがそっちへ行くようにするから」と電話をしてくれました。
そのうえで、「しんどい思いをさせていたことに気づけなくてごめん。今週末は俺が子供を見ているから、気晴らしに出かけておいで」と言ってくれたそうです。「その週末、子供を夫に任せて久しぶりにひとりで過ごす時間を満喫しました。
気になっていたカフェに行ったり、ウインドウショッピングをしたり…。ところが、良い気分転換になったな、また明日からも頑張ろう、と留守を預かってくれた夫に感謝しながら家に戻ると、なんとそこには姑がいたんです。
唖然とする私に向かって姑は、『こんな小さな子供を置いて母親がひとりで遊び歩いているなんてどういうつもり!?』と玄関先で怒鳴りつけてきました。思いもよらぬ事態に私が固まっていると、今度はその背後から夫が『いい加減にしろ!』と姑を一喝。続けて『これが俺たちの子育てのやり方なんだ。ふたりで頑張っていきたいから、お袋はもう口を出さないで、黙って見守っていてくれよ』と訴えると、姑は何も言わずに帰っていきました。
自分の母親に対して強い言葉で訴えてくれたことで夫は私の味方なんだと思えて、とても心強く、嬉しかったです」
夫の神対応 その3:闘病サポートに疲れた心を包んでくれたのは…
Cさんの場合
Cさんの夫は、病気のために長期間の入院生活を送っていました。お金の心配や看病疲れから、心身ともに消耗しきっていたCさん。そんな彼女の気持ちを救い上げてくれたのは、他ならぬ夫のひと言だったといいます。
「ままならない状況に歯がゆい思いをしているのは私だけではないと分かってはいたのですが、ついつい夫に対して愚痴っぽくなったり、冷たい態度をとってしまう増えていました。
その日も、生活が苦しいことに対する文句をこぼしていたら、『苦労をかけて本当に申し訳ないと思っている。でも俺は君と出会えて幸せだ』って…。
なんだか自分が情けなくなったし、夫のことを愛おしく、大切に思えました。『俺は幸せ』という言葉がとても嬉しかったし、ふたりでこの困難を乗り越えていこうと前向きになれました」
おわりに
長年連れ添った妻や夫は、空気のような存在。だからこそ、改めて感謝や愛情を伝えることに、照れくささを感じてしまう、という人が多いのでしょう。
夫からのひと言で、塞ぎ込んでいた気持ちや辛い状況から救われた3人の女性たち。自分の伴侶がいかに大切な存在であるかを改めて実感し、夫婦仲もより深まったといいます。
パートナーが辛い思いをしていたり、困難な状況にあったりするときは、いつも支え合うことができる、そんな関係の夫婦でありたいですね。