酒井順子「高齢者の一人暮らしは不幸」は本当ですか?

下記の記事は日経ARIAからの借用(コピー)です

「家族終了」、老後の不安にはどう向き合えばいい?
―― 前回の「親孝行交換、家族の愛情は『掛け捨て型』」では、「強制力が働かない時代だから、家族は続きにくくなっている」と話されました。女性は男性より長生きなので、結婚していても「人生の最後は一人」という将来を迎える確率は高くなりそうです。「家族終了」後、老後の孤独に対する不安とは、どう向き合えばいいでしょうか。
酒井順子さん(以下、敬称略) 確かに一人暮らしで老後を迎える女性はこれから増えていくでしょう。ただ、高齢者の一人暮らしを全面的に「気の毒だ」とネガティブに捉える必要はないと思っています。
 体に自由が利かなくなったとき、身内に面倒を見てもらいながら暮らすのと、不便を承知で一人で暮らすのと、どちらがいいかといったら、私は迷わず後者を選びますね。それで多少寿命が縮まろうとも、いつも誰かに気を使って「ごめんね」と小さくなって生きるより、どれほど行動がゆっくりになろうと、他人の目を気にせず暮らすほうが、私には合っている。見られていなければ「みっともない」とも「恥ずかしい」とも感じませんから。誰にもみとられずに亡くなる人はいますが、本人はそれほど不幸と思っていないのではないでしょうか。
 「孤独死」という言葉もよろしくないですね。
「死に貴賎なし。孤独死という表現には『上から目線』を感じます」
酒井 たまたま一人で死んだだけで「孤独だから死んだ」のではないのに、まるで孤独が死因であるかのような言葉です。「孤独死だなんて、かわいそう」と上から目線で語ることで、「孤独ではない自分」を確認しようとしているのだと思いますが。一人暮らしで亡くなってもすぐに発見されるシステムさえ確立されればいいのであって、「在宅ひとり死」を安心して選ぶことができる社会になればいいですね。
血縁にとらわれずあらゆる場に「疑似家族」をつくる
酒井 もしも「やっぱり一人は寂しい」と、家族のようなつながりを求めたいのなら……血縁の家族にとらわれず、その場その場で「疑似家族」を積極的につくっていくのもいいのではないでしょうか。
―― 著書の『家族終了』の中でも、酒井さん自身の体験として、血縁家族以外の人との交流からつながりを得ている例をたくさん紹介されていますね。
酒井 そうですね。前回お話ししたような(*前回記事)「他人の親に優しく接する」のも、疑似家族の一つの形。つい先日も、わが家の給湯器が壊れたので近所の銭湯に行ったのですが、銭湯のお隣に旦那さんを亡くしたばかりの母の友人が住んでいることを思い出して、「お風呂のついでにちょっと寄ります」と電話をしてお邪魔しました。
 お仏壇の前でチーンとやって、みかんをいただいて帰って来たわけですが、何となく実家に戻ったような気分になりました。
「共通敵」の出現で「女友達のリユニオン」が始まる
酒井 会社員だった父の部下の方とも、いまだに交流があります。私は今、実家に住んでいるので幼なじみも近くに住んでいて、大みそか紅白歌合戦を一緒に見るなど、その時々に応じて、「擬似家族感」を味わっています。
―― 大人になるにつれ、幼なじみや学生時代の同級生など、かつての交友関係が変化してしまうことも多いですが……。
酒井 心配しなくても大丈夫。女性は40代から、「女友達のリユニオン」が急速に進みます。子育てがひと段落した主婦の友達が、仕事を再開して自由に使えるお金を得て、一緒に食事に行けるようになったり、旅にも出掛けられるようになったり。
 「働いている・いない」「子どもがいる・いない」といった属性の違いでしばらく疎遠になっていたとしても、40代半ばを過ぎると「更年期」「親の介護」「墓問題」といった共通話題が登場し、再び女同士を結び付けてくれるものです。
 「加齢」が連れてくるいくつもの敵に、いかに立ち向かうか。人生後半に起きるネガティブな変化が、「友人関係の再構築」というポジティブな変化も生んでくれると実感しています。
「学生時代の女性の友人関係は、30代までは不安定。でも、その時に無理して連絡を取り合わなくてもいいのではないでしょうか。40代半ばすぎから『リユニオン』が進みますから」
「家族終了」後の出会いはお稽古事で
酒井 新たな出会いを求めるなら「お稽古事」がおすすめです。年を取るとなかなか自分の成長を感じられないものですが、「先生に習う」という場に身を置くだけで新鮮な気持ちに。
 「上達したい」という前向きな目標を共有する生徒仲間とは、楽しい交流が始まりやすいと思います。私は料理教室に15年以上、卓球教室に10年……。 実は今日もこの取材の前、午前中に墓参りと卓球のレッスンを済ませてきたところです(笑)。
―― 旧来のイエ制度を守る墓参り道具と、新しい交流につながる卓球道具と。ある意味対照的な二つの道具を一つのリュックに詰め込んでいる今の酒井さんは、まさに「家族終了とそれから」を象徴するような暮らしをしているのかもしれないですね。
取材・文/宮本恵理子 写真/洞澤佐智子    * 

酒井順子
さかいじゅんこ
1966年、東京都生まれ。高校在学中から雑誌にコラムを発表。立教大学卒業後、広告会社勤務を経て執筆に専念。2004年に『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞講談社エッセイ賞を受賞し「負け犬論争」を呼び起こす。著書に『ユーミンの罪』