K-POPも韓流スターも整形は当たり前?カミングアウト続々&コロナ禍で増える整形美人「シミは鼻糞つけてるのと同じ」

下記の記事は日刊ゲンダイデジタルからの借用(コピー)です

19~29歳の韓国人女性の31%が整形をしている――。

 韓国でこんな調査結果が発表されたのが、2015年。1994年調査の5%から、20年で6倍以上の増加だ。さらに同年代のうち整形をしていない女性の44%が、手術を検討したことがあるという。全年代の女性では14%、男性も同じく1%が整形をしたと答えた。

 整形に対する心理的ハードルが低い韓国では、トーク番組などで整形した事実をあっけらかんと告白する芸能人が少なくない。昔はタブーとされていたが、そんな風潮が変わったのは2000年代に入ってからだ。その転換点をつくったのが、女優キム・ナムジュ。彼女は01年に「罪でもないのになんで隠すんですか」と堂々と肯定して好評を呼び、整形を認める流れに先鞭をつけた。

「パスポートの写真と顔が違うので、空港の入国審査で止められた」という体験談でスタジオ中を笑わせたのは、女優のホン・スア。14年からしばらく中国で活動していた彼女は、17年に出演した韓国のトーク番組で整形を告白。中国でのキャスティングに限界を感じていた際、現地の関係者から勧められて手術を決意したという。

「高校1年の時に鼻を手術した」と告白したのは、女性グループMOMOLANDのジュイ。彼女も17年にトーク番組で、「オーディションでは整形したことをだまっていた」「デビュー前のほうがかわいかったと言われることもある」などの整形話を披露した。後に所属事務所から鼻の整形を勧められ、すでに手術していることを打ち明けたそうだ。

 なかには整形のビフォー&アフターをプロモーションに利用した女性グループもいる。12年デビューのSIXBOMBがそうだ。彼女たちは「1億ウオン(約900万円)かけて整形する」と宣言し、まず17年2月に「かわいくなるところです Before」と題したシングル曲とMVを発表。そして翌月、続編「かわいくなるところです After」で整形後の姿を披露した。実際に手術をしたのは、前年の12月だったという。


 ちなみに1億ウオンはメンバー4人分の金額だ。だがMVが低予算だったせいもあってか、さほどビフォー&アフターの変身ぶりを印象づけられないままフェードアウト。さすがにやりすぎとの非難も寄せられていたという。

男性では元ZE:Aのグァンヒのほか、SUPER JUNIORのキュヒョンなどが整形を認めているアイドルとして有名。オープンな姿勢がかえって好感をもたらす風潮は、日本も参考にしていいのかも知れない。 

高月靖(たかつき・やすし) 1965年、神戸市生まれ。ノンフィクションライター。韓国事情や性事情など各種社会事象を扱う。


コロナ禍で増える整形美人「シミは鼻糞つけてるのと同じ」


数年前、韓国人女性から顔のシミを指摘され「シミをつけて歩くのは、鼻クソをつけて歩くのと同じだ」と言われたことがある。ショックを受けた私は一念発起して皮膚科に通い、シミを除去した。それぐらい韓国人は美意識が高い。

 韓国・ソウルの高級住宅街・江南(カンナム)は美容整形の街でもある。多くの美容整形病院が立ち並ぶエリアは“整形通り”と呼ばれ、外国人観光客も“整形ツアー”で訪れていた。まだ中国との関係が良好だった頃は、日本人より中国人の整形ツアー客のほうがはるかに多かった。

 私がよく利用していたビジネスホテルも中国からの整形ツアー客を受け入れていた。ホテルのフロントにはパジャマ姿で顔に包帯を巻いた中国人たちがウヨウヨいて、まるで病院のロビーだった。中には大掛かりな手術をしたのか、包帯から血がにじみ出ている人もいて、その異様な光景は今でも忘れられない。

中国との関係が悪化し、新型コロナウイルスまで感染拡大したことで、韓国の美容整形業界は大打撃を受けるかに思えた。実際、外国人は渡航できず、韓国メディアによれば旅行代理店は前年と比べ8割近く売り上げを落としているという。

 だが、意外にも美容整形業界だけは好調で売り上げが10%増。外国人の客が減る一方で韓国人の客が大幅に増えたためだ。その理由はやはりコロナだった。

 韓国では整形手術後と分かる女性が顔に包帯を巻いて出歩いているのをよく目にする。恥ずかしそうなそぶりはない。美意識と財力を持っていることでステータスの証しと考える人までいるそうだ。その一方で、人に知られずこっそりと手術したい女性も少なくない。そんな人たちが、いま、手術をしているという。マスク着用や在宅勤務が増えたコロナ禍においては、鼻や顎の美容整形を受けても隠し通せるからだ。

韓国でもコロナ太りが急増している。それで体形を気にする女性たちが増え、スリムになるために脂肪吸引等の手術を受けているという。在宅勤務が多ければ術後の回復時間を自宅で過ごすことができるのも大きい。

 最近は「外見至上主義を助長する」といった批判が強まり、地下鉄構内にあった美容整形の「ビフォー・アフター」広告が数年前に禁止された。来年までにはすべての広告宣伝ができなくなりそうだ。ところが広告は減っても、整形手術の施術件数は減らない。社会の風潮に逆行し、むしろ増えているのだ。韓国人の顔や体形にまで影響を及ぼしているのだから、恐るべし新型コロナウイルス

児玉愛子韓国コラムニスト