「わずか3カ月で要介護2→5」認知症で暴れる祖母を"穏やかな人間"に戻した孫娘の奇跡

下記に記事はプレジデントオンラインからの借用(コピー)です

絶望感…92歳祖母の認知症は悪化、自分は人員整理でパート解雇

3年前、92歳の祖母に認知症の症状が出始めた。伯母の強い勧めもあっていったん入院することになったが、入院後、祖母の状態は悪くなるばかり。せん妄がひどくなり、大声を出す、暴言を吐く、暴力行為をするなど、悪化の一途を辿り、認知力も急激に低下していった。
介護をするのは孫娘にあたる当時37歳の雨宮桜さん(関西在住・独身)。1歳半の時に父親が駆け落ちし、一家離散状態に。育ての親となってくれた祖母は恩人だ。
祖母の入院中、雨宮さんはパートとして勤めていた会社を解雇されていた。事業縮小による人員整理だった。それでも祖母の入院中に求職活動を行い、就職先が決まったが、祖母の病状が悪化したため、2カ月も経たずに離職した。
「祖母が暴れるのは入院前からでしたが、入院という大きな環境の変化と、『もう家に帰れないかもしれない』という不安の中で、症状が悪化したようです。暴れてしまったことによって強い薬に変えられ、別人のようになってしまいました。私は、処方された薬が合っていなかったのではないか、また医師のピック病(認知症)という診断は正しかったのかと疑っています」
1歳半の自分を引き取り育ててくれた祖母の「38年間の恩」に報いたい
雨宮さんは、もともと入院させる気はなかったうえ、病院や医師への不信感がつのり、「祖母を退院させたい」「自分が家で介護したい」ということを主治医に掛け合い続けた。
主治医からは何度も「在宅介護は無理です」と反対され、「精神科の病院に転院するか、このまま入院を続けるかの2択しかない」「いずれにしても、管に繋がれたまま眠らされ、ただ生きているだけの状態になりますが……」と冷たく突き放された。
それでも雨宮さんは、「どんな状態になっても絶対に連れて帰る。覚悟は変わらない」と決意を伝えてきた。自分が歩くか歩かないかの頃から祖父とともに育ててくれた祖母を介護したい。その一心で食い下がったのだ。
その熱意が通じたのか、ほどなくして退院が決まる。しかし退院前の認定調査では、祖母は要介護5(要介護認定で最も重い段階)に上がっていた。入院前は要介護2だったが、たった3ヶ月で急に5にまで上がってしまったのだ。雨宮さんは退院後の自宅での介護生活を見据えて玄関や廊下に介護用具の設置を依頼したが、介護用具会社のスタッフも、あまりの急展開に驚いていた。
「私は最初から施設に入れる気も、入院させる気もなかったので、家に連れて帰ることは当然のこと。他に選択肢はありませんでした。祖母の退院が決まったときから、私は喜びとともに、淡い期待と希望を持っていました」
しかし、そんな期待と希望はいとも簡単に打ち砕かれた
これが要介護5の現実…リモコンを投げつけられ鼻血がダラダラ
約3カ月ぶりに帰宅した祖母は、より一層理性がきかなくなっていた。
オムツを替えようとする雨宮さんの腕を突然引っかいたり、雨宮さんのメガネを投げたりするのは序の口で、ひどいときは、髪を鷲掴みにして十数本毛が抜いたり、汚物が入ったポータブルトイレをわざと倒したり。リモコンを雨宮さんの顔めがけて投げつけた時は、鼻に命中し、鼻血がダラダラ流れ出た。その様子を見て、「アホや」「面白いな~」と笑うこともあった。
また、食事の際には、料理の皿をひっくり返したり、口に入れたものを「ぶー!」と撒き散らしたりした。
「退院してすぐの頃は、祖母の暴言や暴力行為に対して、私は声を荒げたり、手をあげたりしてしまいました。まだその頃は、入院前の祖母の記憶が鮮明に残っていたため、私も精神的に不安定だったのだと思います。突然理不尽に怒ったり、暴力行為をしたりする祖母の姿に、いちいち苛立っていました。でもそんな自分が嫌で、眠っている祖母の顔を見ながら、いつも泣きながら謝っていました……」
「大好きな祖母は、もうこの世に存在しない」と言い聞かせた
雨宮さんは、少しずつ自分の意識改革に努める。「赤ん坊の私を育てあげてくれた大好きな祖母は、もうこの世に存在しない」と自分で自分に言い聞かせ、思い込むことにしたのだ。
「祖母は、厳しくも優しくもあり、しっかり者ですが、お茶目なところもたくさんあって、一緒にいると楽しい人。どんなときも私の味方でした。でも、私の知っている祖母はもういない。目の前にいる祖母が、別人のような感覚になるのがあまりに辛すぎました。『もういない』とでも思わなければ心がバラバラに張り裂けてしまいそうでした」
そうした心の持ち方の工夫により、雨宮さんはだんだん気持ちが楽になっていった。
3年後、荒れ狂っていた祖母が穏やかな人間になったワケ
それから3年経ち、雨宮さんは39歳。95歳になった祖母は、デイサービスやショートステイ訪問看護を利用している。
以前、入院中に処方されていた抗精神病薬睡眠薬は、退院後はのんでいない。別の病院で血液検査などを受け、新たに処方された認知症薬などを服用している。
「喉が詰まりやすい」症状は、訪問医に相談したところ、「逆流性食道炎ではないか」とのことで、薬をのむようになってからは格段に良くなった。
雨宮さんの介護の甲斐あってか、祖母は徐々に穏やかになっていった。歩くことはできないが、話すことや座って食べること、つかまれば立ち上がることもできるようになっていた。
認知症の症状には「中核症状」と、「BPSD(行動・心理症状)」と呼ばれるものがある。
「中核症状」は、脳の神経細胞が壊れることによって直接起こる症状で、記憶障害や判断力の障害などがあり、認知症になれば誰にでも現れる。
一方、周囲の人との関わりのなかで起きてくる症状を「BPSD」という。暴言や暴力、興奮、抑うつ、不眠、昼夜逆転、幻覚、妄想、せん妄、徘徊、もの取られ妄想、弄便、失禁などはいずれもBPSDだ。人それぞれ表れ方が異なるが、背景には必ず理由がある。それが何かを考え、本人の気持ちに寄り添った対応をすることで、改善できる場合も少なくない。
「祖母のお世話をすることが、私の生きがい。奇跡を起こしたい」
雨宮さんの祖母の場合、本人が望まなかった入院をきっかけにBPSDが強く出てしまった可能性があるのではないか、と雨宮さんは考えている。
「祖母は先日、『助けてぇ! 助けてぇ!』と叫んでいるので、『どしたん?』と訊ねると、『ちゃあちゃん(自分のこと)売られていくねん』と言います。そこで、『私が悪いやつは退治したるで安心しや!』と言うと、すぐに納得してくれました。見違えるように穏やかになり、昔の祖母に戻ったように感じる時が稀にあります。一昨日は、私が部屋の電気をつけっぱなしにしていたら、『誰も居ない所は消しとかんともったいない』と注意されました。入院していた病院の医師に、今の祖母を見せてあげたいです」
暴言や暴力行為は、嘘のようになくなった。祖母の入院を強行した伯母との仲は、完全に元通りになることは難しいが、回復はしている。
「正直、伯母のことは恨みました。もちろん自分のことも責めましたが、『あの入院さえしなければ』という思いがずっとあり、一時は避けていました。でも、時間の経過とともに、『伯母を恨んでいても、元の祖母には戻らない』と思うようになり、普通に話をするようになりました」
最近の祖母は、寝ている時間が長くなった。その間に雨宮さんは家事を済ませ、自分の時間を持つ。
「在宅介護を始めたばかりの頃は難しかったですが、1人の時間を少しでも作ることを心掛けています。自分の楽しみを見つけること。見つけた楽しみを諦めないこと。イライラしたり、『もう無理だ!』と感じたりしたときは、一旦その場から離れることにしています。介護は体力的に大変ですが、私の場合は、大好きだった昔の祖母にはもう二度と会えないという精神的な面で、本当に苦しい時期がありました。今では心の整理ができていますが、まだ心の片隅で、『奇跡を起こしたい!』と思っています」
デイサービスが終わり、車から降りてくる祖母を出迎えると、祖母は雨宮さんの顔を見るなり「桜ぁ~! 会いたかったぁ!」と号泣することがある。それを見たスタッフは、「何十年かぶりの再会みたいやなぁ」と大爆笑。しかし祖母はおかまいなく、「長いこと会わへんかったなぁ! 大きくなったなぁ!」と言いながら雨宮さんに抱きつく。
「今は、祖母がただそこで穏やかに笑ってくれているだけで、すごく嬉しいです。祖母のお世話をすることが、私の生きがいになっているように思います」
「長生きが幸せ」とは限らない。また、被介護者が重度の認知症の場合、幸せかどうかを本人に確認することは難しい。だが、雨宮さんの祖母のように、誰かに幸せを与えられているならば、「長生きは幸せ」だと言えるのかもしれない。