当分の間休みます

体調不良のため当分の間休みます。ありがとうございました。

「食こそ最強のコロナ対策」納豆に"あるもの"を入れると免疫力がアップする

下記の記事はプレジデントオンラインからの借用(コピー)です食事で免疫力を上げるにはどうすればいいのか。管理栄養士の森由香子氏は、「納豆には砂糖を加えるといい。血液をサラサラにする納豆キナーゼが増え、免疫細胞が体内に行き届きやすくなる」とい…

嫁に嫌われた姑たちの、後悔とボヤキ。「ホントは仲良くしたかった・・・」

下記はLIMOからの借用(コピー)ですもとは別々の家で育った二人が共に暮らす「結婚」。長い年月をかけて、価値観の違いをすり合わせながら、ひとつの家庭を作っていくことになります。当事者ふたりが意識を合わせるだけでも大変ことはたくさん。さらに、お…

生死をさまよいながら体験した奇妙な話/コロナ

下記の記事は日刊ゲンダイデジタルからの借用(コピー)です 昨年8月に新型コロナに感染し重症化した槌田直己さん(57=仮名)。同居していた90代の父親も同時にコロナで失ってしまったが、今回は集中治療室(ICU)で経験した不思議な体験について語ってもら…

下記の記事は日刊ゲンダイデジタルからの借用(コピー)です要因トップ3は「ストレス」「会話量の低下」「運動不足」 マスクの着用が当たり前のコロナ禍で、唾液力が50%以上悪化している一方、唾液の量と質が高ければ「ウイルスや細菌などの感染対策になる…

年金はジワジワ下がる!“抑制ルール”続々登場

下記の記事はダイアモンドオンラインからの借用(コピー)です4月から年金額が0.1%下がる。微減だからと軽くみてはいけない。改定ルールの変更で、これまでなら下がらなかったものが下がるからだ。支給抑制の動きは年々強まるばかりで、今後はそれに新型コ…

K-POPも韓流スターも整形は当たり前?カミングアウト続々&コロナ禍で増える整形美人「シミは鼻糞つけてるのと同じ」

下記の記事は日刊ゲンダイデジタルからの借用(コピー)です19~29歳の韓国人女性の31%が整形をしている――。 韓国でこんな調査結果が発表されたのが、2015年。1994年調査の5%から、20年で6倍以上の増加だ。さらに同年代のうち整形をして…

昼夜問わず「スマホを使い続ける生活」の大弊害

下記の記事は東洋経済オンラインからの借用(コピー)です2019年末、中国・武漢市に端を発したといわれる新型コロナウイルス感染症(COVID–19)の爆発的流行は、またたく間に世界各国に広がり、世界的大流行(パンデミック)を引き起こしました。私がこの文章を…

悪事暴いても「裏切り者」内部告発の悲しい現実

下記の記事は東洋経済オンラインからの借用(コピー)です告発後に寄せられた数百通の罵詈雑言北海道警察の元釧路方面本部長で、警視長まで務めた原田氏は2004年2月、記者会見を開いて道警の組織的な裏金づくりの詳細を明かした。大幹部だった人物が経験に基…

「いまは保育園の清掃」続く減便、冬ボーナスゼロでも私がCAを辞めない理由

下記の記事はプレジデントオンラインからの借用(コピー)ですボランティアで保育園の清掃2020年7月15日、千葉県成田市にある成田市立新山保育園はいつもと違う雰囲気に包まれていた。ANAグループに勤める13名が、園の清掃をするために集まっていたのだ。ボ…

 腎臓病のサインたんぱく尿 避けたい朝抜き、遅い夕食

下記の記事は日経グッディからの借用です「朝食を抜く」あるいは「遅い時間に夕食をとる」という食習慣が、たんぱく尿の出現リスクを高める可能性があることが、日本人を対象とした研究で明らかになりました。不健康な食習慣も腎臓の病気の原因になり得る?…

「自分はこんな所で働く人間じゃない」 “モンスター社員”に共通する“哀しい生態”とは

下記の記事は文春オンラインからの借用(コピー)です平気で嘘をつく。被害者を装い、同僚を陥れる。見事な演技力で周囲を翻弄し、職場の人間関係をクラッシュさせる……。社会保険労務士の石川弘子氏のもとには、そうした“モンスター”としか例えようのない社…

息子に「パパ」の話をしたこと。シングルマザーのお話

下記の記事はhttps://note.com/からの借用(コピー)です未婚でシングルマザーになって4年、ずっとずっと考えて準備して頭のなかで練習していた話を、こないだ息子にしました。息子のパパの話。最近こころのエネルギーがSNSよりもっと料理とか生活とかを頑張…

日本人のがん1位「大腸がん」を予防する4つの生活習慣

下記の記事はプレジデントオンラインからの借用(コピー)です 記事はテキストに変換していますから画像は出ません大腸がんは増え続けている現在、日本人が最も多くかかっているがんをご存知でしょうか? 答えは、「大腸がん」です。がん検診が推奨され、前…

「無職の息子」が介護するフリして「母の年金」で生活し始めた…そのヤバい末路

下記の記事は現代ビジネス講談社からの借用(コピー)です親が老いて支援や介護が必要になってきたとき、きょうだいのことで悩む人が少なくありません。きょうだいと言っても、独立して離れて暮らすようになってから何十年も経過し、価値観や考え方が変わっ…

リアル進撃の巨人 「郊外団地ウォール」の中で暮らす高齢者の現実

下記の記事は日経ビジネスオンラインからの借用(コピー)です「分断? 言われてみればそんな感じかな。団地内には買い物以外、団地の外に行かない人もいれば、コロナ禍で引きこもっている人もいる」。東京都清瀬市の旭が丘団地で暮らすB氏(76)は話す。 旭…

患者さんには「医療安全」に則したきめ細かな対応が必要

下記の記事は日刊ゲンダイデジタルからの借用(コピー)です 患者さんを守る「医療安全」や、「EBM」(Evidence Based Medicine=根拠に基づく医療)に沿ったガイドラインや標準治療について、患者さん自身が情報を入手できるように…

私の引きこもり生活がある日ふと終わったワケ

下記の記事は東洋経済オンラインからの借用(コピー)です――不登校になったのはいつからですか?きっぱり行かなくなったのは、小学校4年生の9月1日からですね。でも思い返すと小3ぐらいから学校がしんどかったなと思います。まじめで几帳面な性格だったんで…

瀬戸内寂聴「100歳」を理由に言い訳!? 「いい気持よ」と感慨も

下記の記事はAERAdotからの借用(コピー)です 半世紀ほど前に出会った98歳と84歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。* * *■横尾忠則「極楽トンボでコロナと共生共存しよう」 セ…

がん遺伝子狙い撃ち、薬の弱点補うナノマシン 実現

下記の記事はビヨンドヘルスからの借用(コピー)です 記事はテキストに変換していますから画像は出ません がん遺伝子を狙い撃ちにする新しいタイプのがん治療ナノマシンが開発された。抗がん剤の弱点をカバーするナノマシンである。ナノ医療イノベーション…

精神病院に4年閉じ込められた彼女の壮絶体験

下記の記事は東洋経済オンラインからの借用(コピー)です精神疾患により医療機関にかかっている患者数は日本中で400万人を超えている。そして精神病床への入院患者数は約28万人、精神病床は約34万床あり、世界の5分の1を占めるとされる(数字は2017年時点)…

コロナ禍で水回りの高額請求トラブルが増えた意外な理由、予防法は?

下記の記事はダイアモンドオンラインからの借用(コピー)ですコロナ禍で増える水回りの高額請トラブル不動産会社が勧める予防法は? コロナ禍で個人宅の水回りのトラブルが増えているという。トラブルの多くはトイレのつまり、水漏れ。他にも台所、浴室の排…

エアコン「内部汚れ」キレイにする正しい掃除術

下記の記事は東洋経済オンラインからの借用(コピー)ですエアコンに必要なお手入れ方法をチェック!エアコンまわりのホコリを取るエアコンの内外部にはホコリや湿気がたまりやすく、そのまま放置しておくと、カビ臭に悩まされることも。冬季の役目を終えた…

「女性が逃げ出す地方は消滅する」コロナ禍でも東京一極集中が止まらないワケ

下記の記事はプレジデントオンラインからの借用(コピー)です当事者不在の会議で問題解決は困難最近、森喜朗さんの発言が話題になりましたが、地域関係の会議もいまだ女性比率、若者比率は少ないものです。事務局配慮により若者と女性が意識的に委員に入れ…

子どもを産まない選択をしたい令和のDINKs、「世界は想像より優しかった」

下記に記事はダイヤモンドオンラインからの借用(コピー)ですDouble Income(夫婦2人の収入)、No Kids(子どもがいない)の頭文字を取った言葉「DINKs(ディンクス)」。子どもを作らない選択をした共働きの夫婦のこと。しかし、一口にDINKsといっても、そ…

自律神経のバランスを整えるための朝の習慣4つ

下記の記事は日刊ゲンダイデジタルからの借用(コピー)です心臓に血液と酸素を送る冠動脈が詰まって発症する「心筋梗塞」の原因には、主に「動脈硬化」と「血管の機能異常(痙攣)」がある。動脈硬化は、生活習慣病や肥満、喫煙などが危険因子になるので、…

「お父さんを殺して」4歳娘が背負った過酷人生

下記の記事は東洋経済オンラインからの借用(コピー)です「4歳のとき、お母さんから『お父さんを殺してきて』と言われ、子どもながらに殺そうとしました」都内に住む女性から届いたメッセージは、こんなひやりとする一文で始まっていました。父から母へのDV…

【緩和ケアの医師が伝える】 患者自身が求めなければ助けは受けられない現実があるから、知っておいてほしいこと

下記の記事はダイアモンドオンラインからの借用(コピー)です『後悔しない死の迎え方』の著者で看護師の後閑愛実さんが、飯塚病院 連携医療・緩和ケア科部長で緩和ケア医の柏木秀行先生に、患者さんの人生に関わる緩和ケア医としての思いについてうかがった…

老化を進める“4悪”とは…すべて揃えばリスク81倍

下記の記事は日刊ゲンダイデジタルからの借用(コピー)です人体の隅々まで張り巡らされている「血管」も、加齢とともに老化が進行していく。それが「動脈硬化」で、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を引き起こす。国際血管健康学会(ISVH)理事で「信…

「わずか3カ月で要介護2→5」認知症で暴れる祖母を"穏やかな人間"に戻した孫娘の奇跡

下記に記事はプレジデントオンラインからの借用(コピー)です絶望感…92歳祖母の認知症は悪化、自分は人員整理でパート解雇3年前、92歳の祖母に認知症の症状が出始めた。伯母の強い勧めもあっていったん入院することになったが、入院後、祖母の状態は悪くな…